MENU

03

PATTERN MAKING

木型製作

砂型の精度を左右する木型づくりは手作業にこだわる

生産能力

熟練者の手技とマシニングセンタによる木型の品質向上

木型はその後の砂型造形の精度を決める大切な工程です。
鋭敏な角、なだらかなR、継ぎ目部分の加工には手作業が必要です。
専門の職人の手作業とマシニングセンタとの調和により、高品質な木型の製作に取り組んでいます。

品質保証

後工程からのフィードバックが次の製作に活かされます

JMCでは、素材製作から加工まで自社内で行う「素加一貫」体制のため、この後の工程もすべて自社内で行います。
それにより日々、現場レベルでのフィードバックが行われ、より高い精度の木型を製作するために活かされています。

PAGETOP