MENU

05

MELTING

金属溶解

15種類のアルミ、マグネシウム合金に5機の溶解炉で対応
使うのは新塊のみ

生産能力

5機の炉を一日最大稼働4チャージで他合金を同時に鋳造
溶湯品質も機械管理

最大で1チャージ300キロの溶解炉5機のうち、4基をアルミニウム合金専用、1基をマグネシウム合金専用炉とし、他合金を同時に鋳造できる体制を整え、小ロット短納期にもお応えできるよう取り組んでおります。アルミニウムは常時15種類が社内に在庫しています。
また、溶湯には巣やピンホールが出来ないようGBF(ガスバブリング装置=アルゴンガスや窒素ガスを混入させながら自動撹拌する装置)を使用し、安定した溶湯品質を目指しています。

対応合金データはこちら
※JMCでは素材品質を保証するためにミルシートを発行しています。また、お客さまのご要望に応じて強度試験を行い、素材の性質も保証することが可能です。

品質保証

熔かすのは新塊のみ

JMCでは再生塊は使用しません。アルミニウムでもマグネシウムでもすべて新塊を使用しております。素材自体の品質が安定していると共に、再利用による他のアルミニウム合金等の混入リスクをなくすためです。

05 金属溶解

PAGETOP